チカラ。





公共__機関としての使命を果たすこと。

これは先日、ある経営者の方がお話されていたこと。
とてもシンプルで分かりやすくて、ずっと疑問に感じていたことの答えが分かって、
経験の浅い私などが嬉しいと言えば生意気ですけれどね。

そう伺って、組織全体の強さの秘密が少しだけ見えたような。
そんな気がしました。

教育。ということもあると思うのですけれど、
教育にも限界がありますしね。
一定の年齢を超えてしまうと、上辺だけは取り繕うことができても、
しばらくすると綻びが出るもの。
そういう人をたくさん見てきましたし、働く動機は人それぞれ。

それを一つにまとめようとする時、
教育だけでは限界があるのかな。と、、、、

ニュースなどを見ても、
大手の。しっかりとマニュアル化された企業でも。
教育の限界を感じさせる報道を多く見かけますしね。

なので、教育はあくまでも基本の基本。という程度のことなのかと。

____________
それと採用。

誰でも良い。といえば語弊がありますけれど、
仕事を作業ということだけで捉えれば、作業に対す適性だけを見れば良い訳で、
それで十分足りる業種もありますけれど、それだけでは足りない業種であれば、
仕事として捉えたとき、求めるものに応えることができるのか。
そう考えると、誰でも良いということでは不足でしょうしね。

なので、採用の基準?ではなくて、
仕事として適正であるかという判断もしっかりされているんでしょうね。

というのは、
その企業の社員の方とお話をさせていただいてもトップの顔が見える思いがするんですね。
それは仕事中だけお利口にしているのかも。そんな意地悪な見方をしてみたんですけれどね。
綻びを感じさせないことに感動してしまうほどのレベルで、どうしてこんなことができるんだろう。

ずっと不思議に思っていたことの答えが冒頭の言葉。

金銭が先に来ない。って、
もちろん、利益追求は企業としても個人としても当然のことですけれど、
ガツガツ感を全く感じさせない品性は私にはとっても好感。

透けて見えるものは冒頭の言葉に限りなく近いこと。
その後を求めるものがちゃんと追いかけてきてくれますしね。

私の知る霧島の自慢のひとつ。
そのお話でした。

霧島市国分スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL http://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:30~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

PAGE TOP