断捨離の前の断捨離。

断捨離って。

不要なものを減らすこともそうなんですけれど、
物だけではなく、自分自身の中にある『持っていたくない感覚、感情』も減らすことだと最近、感じるんですね。

本当に必要なのは自分自身の断捨離。
それをしないまま年齢を重ねていくことで人生の調和がとれなくなってしまう、、、
それを不幸なこと。とは思いませんが、寂しいことだとは思うんですね。

この自分自身の断捨離。
それはとても難しいのか、気がつかないというのでしょうか。
それができていれば意地悪なんてするはずがありませんものね。

____

素直に聞き入れることができる。
この人の前では素直になれる。という人との出会いが必要で、
それがあるのか、ないのか。ということは自分自身の断捨離ができるかどうかの第一歩。

物をいくら減らしてみても、
断捨離をするのも本人であれば、手に入れるのも本人。
本人の歪の度合いが高ければ、断捨離は単なるお片付けということで、
減っては増え、増えては減っての繰り返しで断捨離はずっと終わらないはず。

ずっと終わらない断捨離をするのは、その人の心がさせていることですから、
自分自身の断捨離も同時に。というよりも少し先に進めて行かないと、あまり意味がないような、、、

自分自身の持っていたくない感覚であるとか、感情であるとか。
人ですから、そう思いつつ。ということもあるんでしょうけれど、
持っていたくない感覚、感情が人としての調和を乱しているんですものね。

色々なことがありますけれど、
自分自身のことでありながら、持っていたくない感覚、感情を捨てきれなくて、、、
ある程度、抑え込むことができたとしても、自分自身では捨てきれないというのか、
分かっていながらできない。ということは、それを捨てさせてくれる人との出会いがなかった。
そういうことだと、、、

孤独を感じてしまう原因は自分自身の断捨離が出来ていないのかも。

意地が悪いこと。
そんなつまらない感覚、感情なら今すぐ断捨離してしまうことだと思うんですけれど、
意地の悪さを捨てるというのは、一人ではできないようで、、、
そう思うと、意地悪な人というのはそれを変えてくれる人との出会いがなかった孤独な人なのかな。って、、、

物の断捨離は自分自身の断捨離が進んでから。

それができなければ散在するばかり。
財は『人』ということもある。ということ、、、

そんなことを思いました。

霧島市国分スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL http://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:30~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

PAGE TOP