ツバメの思い出

 

ツバメは私にとって、思い出深い野鳥。

春先にやって来て、秋口には飛び立っていきますので、
そっと季節の到来を教えてくれる存在。
巣を掛ける場所を探すツバメは安心できそうな場所を探し廻って、
去年過ごした巣へ戻ってくるツバメは巣の中の掃除を始めたり、補修をしたり。

お家の確保が出来てしばらくすると、
子ツバメが生まれて、ツバメ夫妻の子育てもいよいよ本格的にスタート。
一日に何度も何度も餌を運んで、子ツバメに食べさせて。

そんな微笑ましい光景を見ることができるのは、一年のうち数か月のこと。

子ツバメが大きくなると、
親ツバメは少し遠く離れた電線から『ここまでおいで』『ここまでおいで!』と呼びかけて、
すぐに飛び立つ子ツバメもいれば、なかなか勇気の出ない子ツバメもいて。

離れたところから呼びかけるのはお母さん?
『こうやって飛ぶんだよ』と教えるように巣の周りを飛び回るのはお父さん?

勇気がでないのでしょうか、顔を出したり、
引っ込めたりしているうち、巣から滑り落ちるようにしてなんとか飛び立つことができた最後の子ツバメ。
呼びかけていたお母さんツバメの元へみんなが集まって、
私の目の前でしばらくの間、飛ぶ練習を見せてくれるのは
ツバメたちのお礼なのかも。

嬉しくもあって、
寂しいお別れの時。

そんな思い出のお話でした。

霧島市国分 スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL http://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:00~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

PAGE TOP