終活の前のわたしのシュウカツ





今日、午前11時発表 Link 霧島山(新燃岳)の警戒が必要な範囲を概ね 3kmに縮小とのことで、
まだまだ予断は許さない状況なんでしょうけれど、噴火活動は低下しているようですので、
一日も早く、鎮まって欲しいと願うばかりです。

・新燃岳火口から3kmは赤い丸の範囲。20kmは赤い線内となります。 拡大クリック
新燃岳の噴火、噴煙、噴石による影響については、
こちらの記事 Link『2018年 鹿児島県霧島市から見る新燃岳噴火 噴煙、噴石に関する情報』をご確認ください。
2011年の噴火では、2月14日に火口から16kmの距離に破片状の噴石の落下が確認されたとのことですので、
火口から20kmの範囲でラインを引いてみましたが、霧島市役所はラインの外になりますので、
当時を超える噴火が起きない限り、影響としては噴煙程度ですので、あまり神経質に考える必要もなさそうですね。


さて。
昨日のことですが、知人のお子さんと話をしたときのこと。
平日のお昼間に歩いているのを見かけましたので、声を掛けると、
春休みなんですけれど、シュウカツが大変で、、、と。

シュウカツ?
一瞬、?と思ったんですけれど、就職活動のことで、
彼は優秀ですので、大丈夫!と言って、そのお話は終わったんですけれど。

私の場合、人生を終えるための活動をしている。というのか、
少しずつ進めている所でしたので、彼のシュウカツという言葉を終活と勘違いして笑えたんですけれどね。

最近、何かで読んだのですが、
本当のお別れに、さようなら。なんていう言葉はない。と書かれていたことを読んで、
著名人の突然の死なども報じられたりしたこともあるんですけれど、
そんな話を身近に感じるようになって、ホント、その通り。って、、、

まだ現役と呼ばれる世代ですので、『死』を意識するようなことはないんですけれど、
いつ死んでも思い残すことのないような生き方とでもいうのでしょうか、、、
そんなことを思って、毎日を大切に過ごすことと、怒ったり、拗ねてみたり。
恨んだり、妬んだり、僻んだりのマイナス感情をなくしてしまうこと。

とても難しいことなんですけれど、
毎日を大切に過ごしたい。って思うと、マイナス感情も少しずつ消えているような感じがして。

本格的に終活を始める前の。 今、私がしておきたいシュウカツのお話でした。

霧島市国分スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:30~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

首相官邸 twitter

新型コロナクラスター対策専門家 twitter

ちづる twitter

NEW POSTS

PAGE TOP