除去。

・Link 毎日新聞 「カラオケ、ライブハウス、バー、ナイトクラブ控えて」小池都知事 集団感染の恐れ 3月30日 21時19分

「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の三密。

・NHK 特設サイト 新型コロナウイルス 「3つの条件の重なりを避けて」 専門家会議が見解【全文】

ちづるでは定期的な換気のほか、ご来店時のお客様へ除菌のご協力をいただくほか、
食器などは食洗器を使用するなど、今、できることを都度、更新していますが、
お客様からすれば、不安は拭い切れないでしょうからね。

カウンターの奥行を比較的深くしていることもそうですが、
賑やかなお店ではありませんので、お店の空間から考えた場合の人の密度は週末のほか、
政府の自粛要請後においては、有り余るほど。

加えて地元のお客様のご利用が大半で、一見のお客様のご来店はほとんどありませんしね。

ですから安心安全!大丈夫ですので、ぜひお越しください!というお話ではなく、
また、この報道に対する反発ということでもなく。
三密に近い状態であることは確かですものね。

そう思う訳ですけれど。
人が介する業種であれば、この三つの条件を満たさなくても
感染のリスクは避けることはできませんから、やはり不安は感じるもの、、、

今回の会見は東京都民への呼びかけということですので、
鹿児島県民に宛てたものではありませんが、それでも全国ニュースで報じられたこともあって、
なんとなく私にも関係があるかも。

そう感じるもの。
続く自粛の流れの影響を私たちも受けている訳ですが、
それとは関係なく、歓送迎会の時期と自粛が重なったことで、
大きな影響を受けた業種は多いはず。

加えて、先日の鹿児島県初のコロナ感染者の報道もありましたので、
観光を主体とする鹿児島県においても、その影響は甚大という表現でも足りないかも。。。

消費税増税の影響を少なからず受けているところへの今回のコロナショックですから、
経済の流れに急ブレーキがかかり、ブレーキを踏み続けた状態が続くことへの不安を感じますね。

過ぎ去るのを待つしかない。と思っても、
今のところ、終息の目途は立ちそうもありませんから、自粛からの萎縮という負の連鎖は続くばかり。

難しい状況がひと月以上続いて思うことは、安心感を得られないことによる委縮の怖さ

感染拡大地域の往来による感染者の報告が続いていることから、
各県の知事が自粛を求めていますが、安心感を得られるようにするには、やはり鎖国が良いかと。

『きっと鹿児島でも感染者はいっぱいいるはず!』という声も聞こえてきますが、
無症状感染者による感染力についての報告は以下、リンクのような発表もされていますものね。

・Link HUFFPOST 無症状感染者からの感染率は、症状ある人と「大差ない」 中国の研究チームが発表。【新型コロナウイルス】 2020/03/31 12時43分

『他の地域に適用できると限らない』ということですが、症状のある人と感染率が変わらないのであれば、
人口密度や人の流入数は首都圏とは大きく違いますけれど、感染者の報告が少ない地域においても少なからず、
これまでの期間に感染の拡大は見られたでしょうしね。

ですので、ゼロではなくても感染者の数はとても少ないのかと。。。

確かに感染することは怖いとですけれど、今感じることは。
感染リスク回避と経済活動に対するブレーキの効き方があまりにもアンバランス過ぎること。
この自粛の空気が三密以外の業種までにダメージを与えてしまうことだけでも避けることができれば。
そう思うんですね。

それだけに海外、県外の往来について一定の制限を設けて『安心感』を与えて、
新型コロナウイルスの影響を直接的に受ける業種以外への影響を少なくさせることだけでもできれば良いのにと。

もちろん、鎖国と言っても完全に防ぐことは出来ないと思いますし、
現実的には難しいでしょうけれど、集団感染も含めて、
感染者の増加を避けることができなくなる時期は訪れるでしょうけれど、
追跡できない事例は少なく出来るでしょうし、医療崩壊のリスクも少なく出来るでしょうしね。

私は鎖国かと。。。

現在のようにとにかく自粛というだけでは、私も感染しているかも。してしまうかも。させてしまうかも。という不安な気持ちも募るばかりですし、
地域経済への影響も大くなるばかりで、日を追うごとにマイナスが積みあがるばかり。

・Link 北日本新聞社 webun 富山の20代女性が感染 新型コロナウイルス 2020.03.30 21:50
・Link 山形新聞 新型コロナ、県内初確認 2020.03.31 12:51
・KTS 鹿児島テレビ 新型コロナウィルス感染 和泊町在住の20代公務員男性 鹿児島県内で2例目 2020.4.1 20:40

鹿児島県でも2例目の報告がされましたし、感染者の報告がなかった富山県、山形県でも感染者が出てしまいましたしね。
強制力はなくても、海外・県外の往来を厳しく制限すれば避けることができたと思うと、残念な気持ちでいっぱい。。。

厚生労働省では新型コロナウイルスの未感染者について、14日間の健康状態の観察が必要とされていますので、
感染者数が少ない地域であれば、感染の拡大を遅くすることはまだ十分に可能なはず。
個々に不要不急の判断を任せるのではなく、一定の制限をかけるなどの鎖国状態にすることだと。

技術的な難しさがある中、私もしつこくていけないんですけれど、
病気の怖さはもちろん、不幸がどんどん広がって。
暗くなっていく雰囲気はどうにも悲し過ぎて仕方がないのです。

・Link NHK政治マガジン ロックダウンとは 実際どうなの? 2020年4月1日

霧島市国分 スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:00~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

首相官邸 twitter

新型コロナクラスター対策専門家 twitter

ちづる twitter

NEW POSTS

PAGE TOP