鹿児島の旅 始まりも終わりも霧島市

鹿児島空港から鹿児島市にある仙厳園を散策。
続いて城山から桜島を見て感動した後、海沿いの景色を楽しみながら指宿へ到着。
指宿の夜を楽しんだ翌日は知覧に立ち寄って、フェリーで桜島。
桜島の溶岩展望台から素晴らしい景色を眺めた後、錦江湾沿いに街へ入って霧島温泉郷で一泊。

これは何十年も前のツアーのコース。

さんふらわあで志布志に到着した後、のんびり大隅半島を走りながら根占から小さなフェリーで指宿へ渡り、指宿で一泊した後、ヘルシーランド露天風呂から一日が始まって知覧を散策。
鹿児島市で城山公園から見える桜島に感動して、フェリーでは慌てておうどんをいただいて溶岩展望所。
垂水の道の駅にある足湯と桜島を楽しんだ後は霧島温泉郷に向けてひたすら走る。

これは個人旅行のコース。

帰りの飛行機の時間ギリギリまで鹿児島を楽しみたい!という思いがあって、旅行最終日は霧島温泉に宿泊することが多かったんですけれど、当時は若かったというとこなのでしょう。
ホテルで過ごす夜は当時の私にはちょっぴり退屈で、タクシーの運転手さんに紹介していただいたお店で最終日の夜を過ごすことが多かったのですが、鹿児島を思う存分満喫してクタクタになって帰りたいとでもいうのでしょうか。

旅の締め括りとして少し寂しさを感じたのは若すぎたことによるもの。なのかも知れませんね。😅

当時は指宿と霧島温泉にいることが大切なことで調べることもしませんでしたが、国分を知っていたら。と思うのです。

地元の方の鹿児島弁もそうですし、県外の方を温かく心からもてなす姿勢はお店も個人もそう。
ホテルや旅館では決して感じることのできない『普段の鹿児島に触れる』ことは旅の素敵な思い出になりますものね。
ですので、国分という街を知っていればもっと鹿児島を楽しめたのでは。と思うのです。
で、これは鹿児島県内どこでも感じること。

観光でお越しになられる方は霧島温泉に宿泊される方が多いと思いますが、旅の終わりをどう締めくくるか。
霧島の山を間近に静かに過ごされるのも素敵な夜だと思いますが、猫の額ほどの小さな街を探検することも楽しくて、ちづるでは鹿児島の旅の締め括り方のひとつとして。こんな夜をお勧めをさせていただきます。😊

HOT PEPPERグルメ😋🍻

グルメサイトでは紹介されていないお店が生涯の思い出に残る一軒になることもありますし、地元のお客さんに混ざって雰囲気を感じながらの食事も楽しくて一緒に乾杯すれば、なお楽し!
クタクタになって搭乗したのに翌日からパワフル笑顔になれるのは楽しかった旅の証!

鹿児島の旅の始まりも終わりも霧島市。
霧島国分で過ごした時間を『また過ごしたい!』そう感じていただけると嬉しいです。😊

ぜひぜひ国分へお越しくださいませ。


ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
営業時間 20:00~0:00
定休日 日曜日

PAGE TOP