カラオケご利用時の新型コロナ感染防止対策

2020/11/26 更新


カラオケのお店から集団感染が起きたというニュースについては、感染者の利用があったことはもちろん、
防音対策などによって窓が塞がれていたなど、換気効率が大きく損なわれていたことも大きく影響したのかも知れません。

鹿児島県内の現在の感染状況から、カラオケを撤去する判断はしていませんが、
カラオケは感染拡大の大きなリスクになることから、少しでも安心していただけるよう、ちづるでは以下の対策を講をじています。

新型コロナ感染拡大防止対策の基本を店舗内の空気の流れと換気としていますが、
歌うという行為は、通常の会話と比較して飛沫量も速度も大きくなりますので、
飛沫の拡散を抑える目的から、カラオケをご利用される際はマスクの着用をお願いしています。
◎マスクをお持ちでないお客様へは、個装された不織布マスクをお渡ししています。

・Link 厚生労働省 / MHLWchannel マスク着用の重要性(インフルエンザをうつさないために)

・Link [NHKスペシャル] マスクの効果 | 新型コロナウイルス“マイクロ飛沫(まつ)感染”からわかる予防 | NHK

・Link [新型コロナウイルス] 可視化で分かるマスクの効果 | “可視化”でまるわかり!新型コロナ対策の新常識 | NHK

くしゃみの病原体は最大8m飛ぶという結果もあり、動画ではマスクに一定の効果があることが示されていますが、
くしゃみと比較して、カラオケの場合、マスクから漏れ出す飛沫の量、時間が大きなことから、
マスクに加えて、マイクシールドを追加させていただきました。

また、カラオケ利用時の換気につきましては、演奏時は換気扇による換気を基本として、
歌唱後の店内における飛沫濃度が高まらないようにすることを目的として、次の曲の演奏までお待ちいただき、
2分間、窓を開放して機械換気を行います。
※歌唱後換気 : 鹿児島県 / 接待を伴う飲食店等における 積極的な感染防止の取組 / 『換気の徹底』

・マイク用シールド マイクエール
w330mm✕h315mmは大きく感じますが、口元からある程度離しても、その効果が期待できる大きさです。
PET素材で軽量、透明ですので、大きな違和感をお感じになられることはないと思いますが、
こちらもマスク着用と合せてご協力をお願いしています。

なお、状況によっては、歌われる方が続くこともありますので、マイクシールドをセットしたマイク4本を用意して、
次亜塩素酸ナトリウム水溶液により都度、消毒。
接触感染の防止に努めるほか、営業終了後はヘッド部分を分解し、ヘッドケース、ポップフィルターの洗浄、
除菌を行います。
参考 : audio-technica 製品のクリーニングについて

 

全国的な感染者増に加えて、接待を伴う飲食店の影響の大きさが報道されていますので、
当店をご利用いただけるお客様が少ない状況から、フィジカルディスタンス2mは十分に確保できる状態ですが、
来店状況によりましては、ボックス席側の設置モニターをご利用いただく等、お客様にご協力をお願いさせていただくこともございます。
予めご了承くださいませ。

霧島市国分 スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:00~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

 

PAGE TOP