店舗内の空気の流れと換気イメージ

2020/10/10 更新

店舗内の空気の流れと換気のイメージについては、以下の通りです。
ドアから入ってきた風がエアコン、その他の機器による風力と合せて、緑色のラインで示した通り、
効率よく二つの窓に向けて抜けて行くことを目的としています。

水色のラインは、W950mm×H620mmのパーテーションを示しています。
フロア面からアクリルパーテーション上部までの高さは1,320mm
椅子に腰掛けたときのフロア面から頭の高さまでは、1,310mm(※座面高410mm、平均的な座高910mm)
※クッションの沈み込み分は計算に含まない。

先日、行われた富岳によるシュミレーションで示されましたが、
パーテーションの高さは、頭の高さを超える程度にすることで、飛沫到達量を1/10以下に低減できるとのことですが、
マイクロ飛沫の飛散という点では、パーテーションが空気を乱すことでマイナス要因とされていますので、
浮遊した飛沫を換気と空気の流れを使って排出できるようにしています。

斜めに向いているパーテーションは飛沫の影響を大きく受けないよう、セッティングをした場合のイメージですが、
この場合も上記同様、換気と空気の流れを利用して飛沫を早く排出できるようにしています。


通常の営業時はこちらのリンク先にも記載をさせていただいていますが、
以下、三通りの方法で換気を行っています。
※10月よりタワー扇とサーキュレーターを入替

■通常換気 : ドアの常時開放、窓の開放に加えて、空気清浄機のほか、
サーキュレーター(風量 中 560.4m3/h)の運転を行う。

■定時換気 : 30分毎にドアの全開放、窓の全開放に加えて、空気清浄機の運転による機械換気のほか、
3台のサーキュレーター(風量 ターボ 951m3/h) を用いて、5分以上運転させる。

■歌唱時換気 : ドアの常時開放、窓の開放に加えて、空気清浄機のほか、
3台のサーキュレーター(風量 ターボ 951m3/h)を用いて行う。

※換気促進の目的から、空気清浄機は最大風量にて運転。
参考 : Softflow 扇風機を利用した換気促進方法

その他、ボックス席について、アクリル板を立てることはできますが、
カウンター席と比較して飛沫対策が十分に担保できないことから、リスクが高いと判断し、
原則として、使用しないこととさせていただきます。


以下の表は換気を行わない状態における店舗容積に対する人数当たりの換気回数を示したものです。

30分毎に1回の換気が推奨されていますので、計算上では10名までは足りますが、
換気されるまでの30分間はエアコンの風によって飛沫が空気中に広がることが考えられますので、
当店では窓の常時開放と機械による送風を利用して、積極的に飛沫を排出させるようにしています。

人数 1人あたりの占有面積(㎡/人) 必要換気量(m3/h) 換気回数( / h)
3 13.18 60.00 0.56
4 9.88 80.04 0.74
5 7.90 100.10 0.93
6 6.59 120.91 1.13
7 5.64 140.21 1.31
8 4.94 160.08 1.49
9 4.39 180.13 1.68
10 3.95 200.20 1.87
11 3.59 220.27 2.06
12 3.29 240.36 2.25
13 3.04 260.13 2.43
14 2.82 280.42 2.62
15 2.63 300.68 2.81
16 2.47 320.16 2.99
17 2.32 340.86 3.19
18 2.19 361.09 3.38
19 2.08 379.90 3.55
20 1.97 401.42 3.76
21 1.88 420.63 3.94
22 1.79 441.78 4.13
23 1.71 462.45 4.33
24 1.64 482.19 4.51
25 1.58 500.50 4.68

・必要換気量(m3/h) = ※20 × フロアー床面積(39.54㎡) ÷ 1人あたりの占有面積(㎡/人)
※静かに座っている成人男性のco2排出量に基づいたもの。
・換気回数 = 必要換気量(m3/h)÷ 部屋の容積(106.75m3)

霧島市国分 スナック バー ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
Twitter https://twitter.com/chiduru_501317
営業時間 20:00~0:00
定休日 不定休
総席数 カウンター9席 ボックス席14席~20席
駐車場 有料駐車場
・お問い合わせは こちら

PAGE TOP