不完全な感染防止対策。

 霧島市の感染報告が続いていますが、
家族、親族間の感染ということで、繋がりも把握できているみたいですしね。

データを見て感じるのは、感染力が強い変異種なのか、感染力が強い方の存在によるものなのか。

その辺りの詳しい情報はありませんが、感染経路が不明であるとか、
クラスターによる大きな広がりの恐れが少ないのは安心できること。

この数日、ちづるの感染防止対策をツイートさせていただいていますが、
広く知っていただくことで『クラスターなんて出せない!』と私自身に言い聞かせているというのでしょうか。
引くに引けなくしてしいたい私がいるのかも知れません。

さて、この感染防止対策ですが、
病院でもクラスターが発生する中、素人の。しかも見よう見まねの対策なんて。と私自身、思うんですね。

この一年、色々調べた上で効果が認められる対策を行い、新しい情報があれば、それを元に更新を重ねてきましたが、
変異種の感染力の強さは報道されていますし、感染が続いている霧島市の現状を見ると、
この先、感染者を出してしまうかも。と、、、

ただ、そんな心配もすぐ吹き飛んでしまったのは、ご来店いただけるお客様がうんと少ないことによるもの。

ですが、だから安心!ということではありませんものね。
クラスターはもちろん、知らないお客様同士を感染させてしまった。は絶対に避けなくてはいけない!
そう思うのです。

昨年、準備した店舗内の空気の流れを更新しました。

玄関から取り込んだ空気がそれぞれ色で示したように流れて、窓から排出される。というものです。
ライン通りに確実に風が流れるとは言えませんが、何度も何度もテストを繰り返して配置したものです。
感染のリスクが高いと指摘されている業種ということもありますが、連日、貸し切り状態ですので、
ご利用をいただけるお客様には、その点においてもご安心をいただけるかと思います。

また、店舗内の風向きは常時、窓側へ流れるようにサーキュレーター等、配置をしていますので、
感染のリスクは報道でもありました通り、風下に行くほど高いということになります。

カウンター席もボックス席もスタッフ由来の感染を避けられるよう、
カウンターには隙間なくアクリルパーテーションを設置しているほか、
ボックス席にはテーブルのほぼ中心部を風が流れるよう、二つのサーキュレーターを配置しています。

決して完全な対策ではありませんけれど、この一年間のご利用状況から考えた場合、
感染のリスクを一定程度、抑えることができるのではないかと考えています。

この大変厳しい状況の中、お越しいただけるお客様に少しでも安心してお過ごしいただけるよう、
これからも必要と思われる対策を都度、更新していきたいと思います。




ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
営業時間 20:00~0:00
定休日 日曜日

PAGE TOP