霧島市国分のスナックちづるの串カツはおでん 牛すじに負けない美味しさ!

霧島市国分のスナックバーちづるのテイクアウトをご利用いただきましてありがとうございます。

ちづるのおでん 牛すじをお召し上がりいただいたお客様から『おでん、牛すじも美味しかったけど、串カツが美味しかった!』というお声をたくさん頂戴するほか、店内でお召し上がりいただいたお客様からも串カツの追加注文を頂戴することから、今日はちづるの味噌串カツについてお話をさせていただきます。😊

さて、串カツにソースをかけて召し上がられる方は多いと思いますが、ソースでいただく串カツも美味しいんですけれど、ちづるのおでんのお出汁をかけて召し上がっていただくと、ソースとは違った美味しさを感じていただけることと思います。

というのも名古屋メシとして挙げられるお料理の中に『味噌カツ』がありますが、串カツは味噌カツより以前の戦後間もない頃に誕生したそうで、80年近く愛されてきた味噌カツの先輩的存在。

あまりにも身近な存在でしたので詳しく調べたことはありませんでしたが、ちづるでおでん、牛すじを販売させていただくにあたり調べてみると、なるほど!と思うことがたくさんありましたので、ご紹介をさせていただきますね。😊

さて、そもそも味噌カツは定食メニューではなく、串カツが原形です。戦後間もない頃の屋台では赤味噌で牛や豚の内臓を煮込む“どて”を出す店が多く、このどての鍋に串カツをつけて食べるようになったのが味噌カツの誕生だといわれます。

「串カツを揚げおきしておくと冷めてしまうので、“味噌をつけて温めましょうか”と提案したところ、この食べ方が受けて店の名物になったんです」と昭和23年創業の「當り屋 本店」の2代目・山梨輝男さん。現在、味噌串カツが名古屋市内の居酒屋の定番メニューとなっているのは、屋台の酒のツマミとして生まれたからでもあるのです。

出典 : 中日新聞HP 大竹敏之の食べよみゃあ!名古屋メシ/ 味噌カツのルーツは屋台にあり

揚げ立てアツアツじゃなくても美味しい理由は味噌にあり。

なるほど!🤔
テイクアウトを始める際、ずっと考えてきたことは冷めてしまった揚げ物を美味しいと感じていただけるか。ということでしたが、表現は良くありませんけれどB級グルメというのでしょうか。
気軽に手軽に食べることができるものという意味ですけれど、そう考えると冷めていることはあまり重要なことではなくて、アツアツのお味噌にくぐらせてお召し上がりいただいた方が良いのかも。

これからの季節、それでも冷めてしまいますのでお客様にお出しをさせていただく前にオーブンで焼くようにしていますが、
それでもお持ち帰りいただく途中で冷めてしまうでしょうし、ご自宅でお召し上がりいただくころにはすっかり冷めているはず。
Masashi WakuiによるPixabayからの画像

電子レンジやオーブンで温め、焼き直しいただくこともお勧めですが、お味噌のお出汁をアツアツにして冷めた串カツにかけてお召し上がりいただいても十分美味しさを感じていただけると思います。😊

というのは、スナックとしてご来店いただくお客様はお食事をされてからお越しいただく方が多いのですが、
おでんをお召し上がりいただける方も多くて、串カツの追加をされる方も多いんですね。
オーブンで焼き直してからお出しさせていただくのですが、揚げたてにこだわる方はいらっしゃらなくて、『美味しい!』とお喜びいただいていることからもお分かりいただけると思います。

赤味噌自体苦手と仰られる方もいらっしゃいますので、美味しい!ばかりご紹介してはいけませんが、上記記事のように赤味噌嫌いはその出会いによるものかも知れません。

ですが、これまでに多くの方にお召し上がりをいただく中でのご感想は美味しい!が大半でしたので、とても嬉しく思っています。本当にありがとうございます。🙇‍♀️

ちづるのおでん 牛すじに揚げ物をセットさせていただきましたのは名古屋メシを知っていただくこともそうですが、一番の理由はおでんや牛すじも良いのですが、揚げ物と赤味噌の相性がとても良いからなんです。

名古屋名物の味噌カツもそうですが、揚げ物とお味噌のタレの相性は良くて、初めて味噌カツや味噌おでんを見た方にはかなりの抵抗感をお感じになられると思いますが、お召し上がりいただくと見た目とのギャップに美味しいと感じられる方が多いように思います。

焼き肉でもしゃぶしゃぶでも素材の良さが味の決め手になりますが、赤味噌のタレは高級素材でなくても美味しくさせてしまう不思議な魅力があるというのは、名古屋といえば喫茶店の多さも取り上げられますが、ランチメニューによくあるのが『味噌カツ』でブランド豚じゃなくても皆さん美味しそうに召し上がられています。

お肉の厚みが寂しくても美味しく感じられるのは赤味噌のタレによるもの!😋

ですので、ちづるの串カツはお肉のボリュームは控えめにして、赤味噌のタレが十分染みるよう衣を厚めにしてあります。
もちろん高級な素材を使った揚げ立てアツアツに勝るものはないのでしょうけれど、そうでなくても美味しいのがちづるの串カツ! ぜひお試しをいただきたいと思います。

ということで、ご予約はこちらから。😅
鹿児島、霧島にお住まいの方に超おススメ!
ちづるのおでん ぜひお試しくださいませ
📱


ちづる

店名 ちづる
住所 〒899-4332 鹿児島県霧島市国分中央三丁目6-11
電話 0995-50-1317
URL https://chiduru.jp/
営業時間 20:00~0:00
テイクアウト受付時間 9:00~23:00
商品お渡し時間 : 18:00~23:30
定休日 日曜日

PAGE TOP